幼稚園教諭免許取得へ向かって|大学でじっくり学ぶ

女性

快適な職場環境

スーツの人達

衛生管理者は快適に従業員に働いてもらうために必要な存在です。職場環境や従業員の健康に関することに配慮する業務が多く、試験事態は通信教育や専門講座を受けることで突破することは可能です。

Read More

国家試験なのに高い合格率

男性

衛生管理者は国家試験です。しかし合格率が高く、きちんと勉強すれば一発合格することも可能です。勉強は暗記が主ですが、市販の参考書は範囲が広すぎて勉強するのが大変です。効果的なのは過去の問題を解くことです。

Read More

免許取得の方法

勉学

幼稚園は文部科学省の管轄で教育を行なう場所とされています。そのため、先生も保育士とは異なり幼稚園教諭免許を持っていることが条件となります。幼稚園教諭資格には専修免許状、1種免許状、2種免許状の3種類があります。それぞれ資格を取るには条件があり、専修は大学院卒、1種は大学卒、2種は短大卒ということが条件が必要です。園長先生になるには1種免許以上を持っていることが必須条件となりますので、今後将来のことも見据えて、資格を取得しましょう。幼稚園教諭免許は大学や短大で専門の単位を取得し卒業した場合に与えられますが、それ以外でも保育士として実務経験を積んで教員試験を受け資格取得する方法もあります。しかし、大学では4年間かけて、保育や子供に関することをじっくり学ぶことができます。いろいろな知識や資格を身につけておけば、保育士や幼稚園教諭以外の職につくことも可能です。

近年待機児童の問題が深刻となっています。国もこの問題に対応すべく認定こども園の数を増やしています。認定こども園とは保育園と幼稚園の良い所を掛けあわせた新しい形の施設です。幼稚園のような高い教育内容を、長い時間利用することができ、待機児童解消の手助けになると期待されています。このこども園の先生の条件は幼稚園教諭資格を持っていることです。しかし、現在はまだ先生の数が不足した状態です。そのため、保育資格を持っている人を対象に、期間付きの特例制度を行なっています。特例制度では条件を満たしている人には、大学で単位を取得してもらいます。その後試験に合格すれば幼稚園教諭免許を与えることができるのです。このように幼稚園教諭を持っていると活躍する場が広がります。

幅広く学ぶことができるメリット

保育士と子供

保育士になる為には色々なことを勉強する必要があります。通信教育や独学で学ぶこともできますが時間に余裕があるのであれば学校をおすすめします。学校ならゆとりを持って幅広い分野の勉強を行なうことができるからです。

Read More