幼稚園教諭免許取得へ向かって|大学でじっくり学ぶ

勉強道具

幅広く学ぶことができるメリット

保育士と子供

子供が好きな人にとって保育士はあこがれの仕事です。保育士は楽しいことだけでなく大変な仕事でもあります。しかしいつも一生懸命で真っ直ぐな子供の成長を見守れる仕事はやりがいもあります。保育士になるには専門の資格が必要となります。保育士資格を取るには短大や専門学校、大学に通って専門の勉強を行なう方法と通信教育で勉強する方法があります。短大や大学など専門のスクールで学べることは大きなメリットがあります。まず、時間をかけて専門の知識を取得できる点です。短大なら2年、大学なら4年とみっちり保育について学ぶことができます。授業の他にもスクーリングもありますし、また児童心理などより広い分野についても勉強します。大学でしたら更に幼稚園教諭になるための勉強も行ないます。このようにゆとりを持って幅広く学べることが学校の魅力です。

学校選びを行なう時は自分がどの分野で活躍したいか考えて、それにあったところを選ぶ時が大切です。早く保育士になりたいのであれば専門学校や短大を出るのが近道ですし、幼稚園教諭など保育園以外で子供と触れ合う仕事を考えているのでしたら大学を選ぶとよいでしょう。学校を探す時にはインターネットを利用すると便利です。多くの学校がホームページを持っていてさまざまな情報を公開しています。学校の方針や雰囲気も確かめることもできますし、在校生の声も聞くことができます。オープンキャンパスといって、実際に行って授業や学校説明を受けることができる制度もあります。自分にあう学校かどうかオープンキャンパスに行って見極めましょう。