幼稚園教諭免許取得へ向かって|大学でじっくり学ぶ

勉強道具

国家試験なのに高い合格率

男性

転職にも有利とされる衛生管理者の資格を習得するには資格試験を受け合格する必要があります。しかし、試験は誰でも受けられるというわけではありません。労働衛生の実務経験が必要になります。実務経験年数は最終学歴によりことなり、大学卒業の人であれば1年以上、高校卒業の人であれば3年と決められています。衛生管理者の試験は年に数回あり、全国にある安全衛生技術センターで実施されています。近くに安全衛生技術センターがない場合でも、出張による受験をすることもできるので安心してください。衛生管理者は国家試験ですが、合格率も50%から60%ととても高い試験です。きちんと勉強すれば一発合格することも可能なのでがんばりましょう。

衛生管理者試験の勉強法はいろいろあります。法令などの暗記が主な勉強です。一般の書店でも専門の参考書が販売されていて誰でも購入することができます。しかし市販の参考書は出題範囲がとても広く、時間がかかります。本業を抱えながら、全てを勉強するのは大変です。またどこをどのように勉強していけばいいか教えてくれる人がいないので、要領が悪く効率的でありません。次に通信教育で勉強することも可能です。通信教育のテキストは市販のものよりはわかりやすい物が多くあります。しかし費用がかかりすぎます。一番いい方法は過去の問題集を解きまくることです。衛生管理者の試験は過去の問題と同じ問題が多く出されている傾向があります。そのため、過去問に取り組むことは有効です。